スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故は過失が付く?

自動車を運転する人にとって自動車保険は必要不可欠なもの、一般ドライバーならほぼ100%の加入率でしょう

もちろん任意なので入らない選択をする人もいることは確かです、自分の周りにもいますしそれを咎める気は毛頭ありません

去年の暮れにちょっとした物損事故がありました、お互い怪我もなかったので「良し」とするべきでしょうが、現時点でいまだに解決とならない

それは相手保険会社から提示された過失割合に納得できないからである

事故の状況はこうだ

片側2車線の車線、青信号ギリギリのところで左折、左折後の道路は狭く片側1車線、アイスバーンで道も悪くのろのろで徐行

そのとき、対向車は自身の信号が青に変わったため発進、自分とすれ違いざまに相手の右後輪がすべり自分の右ミラーから

ドアにかけて擦った、相手はキャブバンで右角を擦っただけで被害は最小、こちらはミラーも取れてドア2枚が軽く損傷

相手は降りてくるや否や「すいません!」中年の女性で、配達の仕事中だったもよう

幸い、直ぐ近くが交番だったため事故報告はスムーズに済んだ

ただ、こちらとしては向こうの100%過失と考えていたので(今でもほぼ変わらない)相手に「保険会社から直ぐ連絡をください」と言って別れた

しかし、電話が来たのは次の日の午後、自分の車は走れる状態ではなかったので工場に入れて代車を乗っていた

相手の保険会社の第一声「5:5で考えてる」とのこと

こちらは譲っても1割と言って電話を切ったが事故後一ヶ月たった今もその進展はないまま

車両保険があるので修理は終わったが決着は付いてない、おそらく相手の車は修理するまでもないので困ってないということだろう
会社の車なら車両保険にも入ってないだろうから大きな損傷なら直ぐにでも決着を付けたいものだが、そのままで乗ってると思われる

確かに滑りやすい道路ではあったが自分に相手と同じ5割の過失を課すなんて??全く理解できない

こちらの保険会社は自分の判断に任せると言ってるので、あまり長引くようなら適当なところで示談はするのだが・・・・

粘っても6:4だろうと自分ではほぼ納得してるが、その状況を考えるとやはり納得できない自分もいる



結局交通事故とはどちらかの妥協がないと決着しないことが多いものだ、そのための自動車保険であり絶対外せないのが車両保険である

しかし今回の事故で過失がどうなろうと保険を使うのがほぼ確実なので保険料が大幅に上がる

20等級という最上位等級であるからこそ上がり幅が大きい今の等級制度、何かが間違ってると思う


自動車保険の仕組み
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinnosuke0130

Author:shinnosuke0130
札幌在住、日々の出来事などを気ままに綴っていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
キャッシング 審査基準 ody>