スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道交法改正

昨日6月1日より新たに道交法改正され施行となりました
昨今事故が増えてきている自転車への罰則が強化されました

今回の改正は悪質な自転車運転者への取り締まり強化だが、免許制度も講習制度も何もない自転車運転者への罰則とは
ちょっと理解しがたい部分もある
確かに対歩行者という視点で見た場合、歩道などを自由自在に走り回る自転車は危険ではある、事故も起きている
だが対自動車という視点に立った場合には、歩道を走れない自転車は双方にとって非常に危険となる
ドライバーの立場としては、自転車には車道を絶対に走って欲しくないし、自分が自転車を運転するときには怖くて車道は
走れない

個人的には、「自転車は歩道を走る、歩行者がいるときは歩行の邪魔はしない」のが昔からの暗黙の了解であり、ベストな処置と思うのだが・・・・

先日、家内が新しい自転車に買い換えた、大きなホームセンターだが「自転車保険」なるものも別売りで販売していた。

自転車保険と言うワードが注目されつつあるが、本来の意味を理解してる人は少ないのではないかと思う
自動車の自賠責保険と同等のものを考えるなら、わざわざ自転車保険に入る必要はない、と言うより無駄である
自転車保険付帯の賠償では、自転車事故にしか使えない
それならあらゆる事故に対応する日常生活賠償に入るべきであるからである
この保険は数十年も前から「一家に一件は必ず必要な保険」と言う売り込みで各損保会社で売っている保険であり、通常は
火災・傷害・自動車のいずれかに付帯する特約である
いくら自転車での賠償事故が増えてるからと言っても、自転車保険??今更なにを騒いでるのか全く理解に苦しむ
もちろん賠償だけでなく自身の怪我も補償してもらいたいなら自転車保険という選択もわかるが、おそらく殆どの損保会社で
販売中止してるはずなので別の傷害保険に加入しましょう
記名被保険者とは
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinnosuke0130

Author:shinnosuke0130
札幌在住、日々の出来事などを気ままに綴っていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
キャッシング 審査基準 ody>