スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険を考える

車を買うときに必ず考えるのが自動車保険
免許を取ったときに考えることではない
自分が車を所有したときに考えるものである

初めて車を買うときには、自分の同居の家族が車を持っているかどうかを確認する
1.親などが車を持っていて既に自動車保険をかけている場合・・・その等級を聞き出し11等級以上なら割引が入り7等級から入れるので親の保険会社と証券番号・等級をメモする
2.親などが今は車を持っていないが以前に持っていて、中断証明を持っている場合・・・その中断証明を使って割引等級から始めることが出来るので家族と相談する
3.親などが車を今は持っていないが以前に持っていて、過去13ヶ月以内に保険に加入していた場合・・・割増事故あり等級ならその等級を引き継ぐことに、それ以外の等級なら新規だが6F等級と言うちょっとだけ割引になったところから始められるので証券番号や保険会社をメモする

主に上記のようなケースが多いので参考に

次に考えるのが、買う車が新車なのか中古車なのか、または中古車でも個人売買なのか?

1.新車の場合・・・契約書に車の型式が入ってるのでそれに基づき加入予定の代理店に話をして保険料の試算などを頼む
2.中古車の場合・・・必ず車検証などがあるのでその写しをもらい、試算を頼む
双方とも保険のスタートは納車日にあわせる
個人売買などで名義変更が遅れる場合でも前の人のままの車検証の写しで契約は可能である(ダイレクト系は不可)
最近増えてきたオークションからの売買も同じである、あらかじめ掛けて置かないと引き取りも出来なくなります
しかし、このときに車が抹消登録されているものでは自動車保険に入ることは出来ませんので、必ず陸送業者などを使いましょう

契約内容

自動車保険は強制の自賠責(車検とリンクしてるので車検付なら必ず加入済みである)+任意保険の組み合わせとなる
任意保険の内訳は、対人・対物・傷害・車両の4つであり、これに細かな特約が入る

対人・対物は殆ど人が無制限、傷害は3000万円からで無制限まで、車両は車で決まります(エコノミーもあり)

あとは主な運転者を記名被保険者に設定して、免許証の色などを告知する
同居の家族で一番年齢が低い運転者に年齢条件を合わせる
家族以外に運転させないなら場合によっては家族限定、夫婦限定などをつける(家族とは別居の未婚の子までである)
人身傷害保険は、記名被保険者などの命の価格であるので年齢・家族構成などを考えて設定する

大まかに上記のようになるので、細かなところは代理店などに聞きながら確実に契約をしてください

詳しい説明は?



スポンサーサイト

交通事故は過失が付く?

自動車を運転する人にとって自動車保険は必要不可欠なもの、一般ドライバーならほぼ100%の加入率でしょう

もちろん任意なので入らない選択をする人もいることは確かです、自分の周りにもいますしそれを咎める気は毛頭ありません

去年の暮れにちょっとした物損事故がありました、お互い怪我もなかったので「良し」とするべきでしょうが、現時点でいまだに解決とならない

それは相手保険会社から提示された過失割合に納得できないからである

事故の状況はこうだ

片側2車線の車線、青信号ギリギリのところで左折、左折後の道路は狭く片側1車線、アイスバーンで道も悪くのろのろで徐行

そのとき、対向車は自身の信号が青に変わったため発進、自分とすれ違いざまに相手の右後輪がすべり自分の右ミラーから

ドアにかけて擦った、相手はキャブバンで右角を擦っただけで被害は最小、こちらはミラーも取れてドア2枚が軽く損傷

相手は降りてくるや否や「すいません!」中年の女性で、配達の仕事中だったもよう

幸い、直ぐ近くが交番だったため事故報告はスムーズに済んだ

ただ、こちらとしては向こうの100%過失と考えていたので(今でもほぼ変わらない)相手に「保険会社から直ぐ連絡をください」と言って別れた

しかし、電話が来たのは次の日の午後、自分の車は走れる状態ではなかったので工場に入れて代車を乗っていた

相手の保険会社の第一声「5:5で考えてる」とのこと

こちらは譲っても1割と言って電話を切ったが事故後一ヶ月たった今もその進展はないまま

車両保険があるので修理は終わったが決着は付いてない、おそらく相手の車は修理するまでもないので困ってないということだろう
会社の車なら車両保険にも入ってないだろうから大きな損傷なら直ぐにでも決着を付けたいものだが、そのままで乗ってると思われる

確かに滑りやすい道路ではあったが自分に相手と同じ5割の過失を課すなんて??全く理解できない

こちらの保険会社は自分の判断に任せると言ってるので、あまり長引くようなら適当なところで示談はするのだが・・・・

粘っても6:4だろうと自分ではほぼ納得してるが、その状況を考えるとやはり納得できない自分もいる



結局交通事故とはどちらかの妥協がないと決着しないことが多いものだ、そのための自動車保険であり絶対外せないのが車両保険である

しかし今回の事故で過失がどうなろうと保険を使うのがほぼ確実なので保険料が大幅に上がる

20等級という最上位等級であるからこそ上がり幅が大きい今の等級制度、何かが間違ってると思う


自動車保険の仕組み

Never go back

トムクルーズの最新作である
映画館で観なくてもと思ったが、前作の続編と知り観たくなった
前作はアウトロー、余り記憶になかったと思ったら、やはりちゃんと観てなかったらしい
huluで観たhulu
一応前評判を確認すると、意外と低かったので引っかかりがあったのが、観て直ぐ理解できた
正直絶賛するほどの映画ではない、MR.クルーズで無ければ誰も観ない映画でしょう
何か安心して観れる映画で、これはこれでいいのでしょう
やはりストーリーは大事かなと思いました
今の様なスタイルに映画館がなってから何年でしょう?昔はとりあえず入ってしまえば閉館まで観れた、4本位は観れましたね
観たい映画が始まる30分位前に入るので、前の作品を途中で見る事になる
で、結局ずっと見続けると元に戻り途中で観た作品の前半部分を見る事に
なんて時代だった 
たまたま今日の映画もTVCMでのシーン(自動車の窓ガラス越しに相手を殴るシーン)を見て観にいきたくなった映画だったのだが、実はこのシーンの時にうとうとしていて見逃した
昔のようなシステムならもう人回りするまでいて、冒頭のこのシーンをしっかり見てから帰ることができたのに・・・
とにかくトムクルーズファンなら見るべきでしょう

iphone7

噂のIphone7、何とか手にしました

今までの機種は、iphone5S、ちょうどドコモがiphoneを取り扱い始めた時に買ったものなので

かれこれ3年間使った

今までの携帯の中でも一番長く使ったのでは?

もちろん通常使いには殆ど問題がなかったが、新しい機種が出たこと、若干バッテリーに不安が出てきたこと

16Gで容量が足りなく感じてきたこと

元々容量には不安を感じていたのだが、写真はそれほど撮らないし、音楽は別媒体で聴くし、などで一番少ない容量を選んだのだが

最近、色んな企業やお店がアプリを開発してきたこともあり、仕方なく入れなきゃならないものが増えてきたと感じるようになってきた

で、今回のiphone7は128Gにした

当初、人気のジェットブラックを予約したのだが、発売日近くになるとこの色が非常に人気で発売日に手に入らないという噂を聞き、
発売日当日に予約をキャンセルしマットブラックに変えた

このマットブラックも予約店にはなかったので、電話で別の店に確認すると1台だけあった

速攻で見せに向かい、契約した

一応、割引キャンペーンやポイント残高、下取キャンペーンなど全て事前に把握済みで、月々の支払いは頭に入っていた

しかし、何故か計算してもらうと思ったより支払額が少なく「うん?」と言うと、その日から自分の使っていた機種が下取を倍額に??

月々たった30円でiphone7になりました

家族がみんなiphone6Sなので基本はわかっていたが、やはりその上をいく機種なので素晴らしい

極端な変化をつけずに、少しずつ進化させるapple製品

人気があるのも頷けます

ファイターズ応援

この時期にきて、尚も頑張ってるファイターズ
地元なので応援に来た
ドームに足を運ぶのは何年ぶりだろう?
本当の理由は娘にせがまれて、始球式を見に来ただけだが
試合は残念な内容、展開、結果と一つも良いところがなかった
まあ、ドームツアーに来たようなもの
シャトルバスにのり、歩き、歩き
二日分は歩いたでしょうか
食べ物とビールが楽しみだったが、どちらも高いだけで残念です
ペットボトルの持ち込みもダメなので、ジュースも高く付く
暫くはないかな
プロフィール

shinnosuke0130

Author:shinnosuke0130
札幌在住、日々の出来事などを気ままに綴っていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
キャッシング 審査基準 ody>